2035年にはヨーロッパの戦闘機の半分がロッキード・マーチン社によって製造されることになる。

ルーマニアによるF-48A戦闘機35機の今後の発注の発表により、ロッキード・マーティン社は2035年までに欧州戦闘機隊内で支配的な地位を確保し、その時点で旧大陸の空軍のXNUMX分のXNUMX以上に装備することになる。 。

欧州空軍の米国戦闘機に対するこの欲求は、航空機メーカー3社が国内で高品質の戦闘機を生産している一方で、米国の防衛と米国の技術への依存という、よくある疑惑を中心に述べられた唯一の説明では満足できない。

これに関連して、ヨーロッパの戦闘機の製造に参加している国の空軍を含め、ヨーロッパにおけるアメリカの戦闘機の成功をどのように説明できるでしょうか?今後数十年にわたって、この現象を封じ込めたり制限したりすることは可能でしょうか?

ルーマニア、ロッキード・マーチン社にF-48Aを35機発注へ

オランダ、イタリア、ポーランド、その他ヨーロッパ8か国に続き、 ルーマニアはロッキード・マーチン製F-35戦闘機に目を向ける 空軍を近代化するためです。ルーマニアの専門サイトが昨日配布した文書によると、ブカレストは48段階でXNUMX機の航空機を取得する計画だという。

最初の計画は年末までに開始され、32億ドルの予算で6,5機の航空機、またはXNUMXつの戦闘飛行隊が参加し、この新しいハンターの実装に必要なシステムもすべて含まれる予定だ。

F-16 ルーマニア
ルーマニアが発注するF-35は、暫定的な解決策としてブカレストが最近入手した中古のF-16を置き換えるものとなる。

16機の追加F-35A、つまり第3飛行隊を含む第16段階は、非常に安価であると考えられており、その後打ち上げられる予定である。これにはおそらく、中古で入手した運用寿命がまだ限られているF-XNUMXC/Dの代替が含まれるだろう。

これはロッキード・マーチン社とそのF-35にとって欧州におけるもう一つの大きな成功であり、他の空軍(スペイン、チェコ共和国、ギリシャ)も米国製戦闘機の発注を発表するはずである。

2035年のヨーロッパにおけるアメリカ戦闘機の過剰配備

実際のところ、これまでに知られている情報によると、戦闘機隊を配備している欧州空軍12軍のうち14~20軍は、35年には部分的または完全にF-2035 AおよびBを装備するはずだ。

同じくロッキード・マーチン社の F-15 を考慮すると、この範囲は 17 ~ 16 に達します。合計すると、75年には欧州空軍の85%と2035%がロッキード・マーチン社が設計・製造した戦闘機を使用することになる。

ヨーロッパのロッキード・マーチン戦闘機の50%以上

航空機の数を分析すると、合計500機から730機の戦闘機が運用されており、そのうち主にブロック35/192以降のF-210AとBが16機から70機、F-72が1680機から1990機になることになる。 2035年の勢力。

ダッソー Rafale B ギリシャ
ギリシャはフランス戦闘機を取得した最初のヨーロッパの国だった Rafale

実際、ロッキード・マーチン戦闘機は欧州空軍が配備する戦闘機の43~50%を占めるはずで、ユーロファイターの22~26%を大きく上回っている。 Typhoonの14~17% Rafale、あるいはスウェーデンのグリペンの9〜10%ですらあります。

ヨーロッパの戦闘機のみを装備しているヨーロッパの空軍は 4 つだけ

この状況は、いわば地球上で特殊な状況です。実際、現在までに、戦闘機を設計するためのすべてのスキルを備えているのは、国連安全保障理事会の加盟国のうち 5 か国だけです。他の 2 か国、韓国とスウェーデンは、推進剤を除いて必要な技術をすべて備えています。

実際、ヨーロッパの航空機およびエンジンのメーカーは、戦闘機の分野における世界のスキルとノウハウの 40% 以上を占めています。

逆説的ですが、今日のヨーロッパ人は、イギリスとそのパートナーであるイタリア向けを含め、主にアメリカの戦闘機モデルに目を向けています。 スペイン語 et allemands 彼らはパナビア トルネードを開発し、その後ユーロファイターを開発しました。 Typhoon.

さらに驚くべきことに、戦闘機を装備するヨーロッパの空軍4のうち、ヨーロッパの航空機のみを装備するのは20つだけです。この場合、フランスとクロアチアはそのまま飛行することになる Rafale、スウェーデンとハンガリーはグリペンを搭載しています。

ヨーロッパの戦闘機 Rafale そしてグリペン
フランス空軍とスウェーデン空軍は、ヨーロッパで唯一、自国設計の戦闘機のみを装備している空軍の一つである。

最後に、1700年に欧州空軍に装備される2000機から2035機の戦闘機は、おそらくその日までにロシア空軍の規模を50%上回るだろうという点は興味深い。

この欧州の戦闘機隊は、紛争発生時に米国が最良のシナリオで欧州に配備できる空軍力を同じ割合で上回っている。

なぜアメリカの戦闘機がヨーロッパでこれほどの成功を収めたのでしょうか?

したがって、ヨーロッパの航空機メーカーには生産能力があるにもかかわらず、大多数のヨーロッパ人がヨーロッパ製ではなくアメリカ製の戦闘機を真のヨーロッパの標準にしようとする理由を疑問視するのは適切である。ロシアの脅威を封じ込めるのに完璧なサイズの航空機だろうか?

この疑問に答えるには、伝統的に提唱されてきた「よくある疑惑」、すなわち欧州首相に対する非常に効果的な米国の活動によって悪化した欧州人の米国に対する過剰な服従だけでは、この現象の程度を説明するのに十分ではない。これは、装甲車両や戦闘艦や潜水艦などの他の分野では見られないため、特に当てはまります。

NATOの共有抑止論の限界

NATO 内での共有抑止への参加の議論には一定の正当性がある。実際、それは明らかにドイツ、さらにはベルギーでもアメリカの戦闘機を支持する決定の中心であり、イタリアとオランダでは重要なパラメーターでした。

しかし、この説明によれば、米国は今後35年間NATOの共通抑止力の中心となるB61-Mod12核重力爆弾の適格性を制限することで、人為的にヨーロッパでF-20Aを優遇したという。特にフランス人の観点からは、部分的に偏見があります。

F-35A B61-Mod12 核爆弾
F-35Aは、B61-Mod12核爆弾を運搬するためのNATOの共有核抑止力の主要な媒介となる。

したがって、特に次の事態に直面して、ワシントンがこの手段によるF-35の取得を支持したことは議論の余地のないことであるが、 Typhoon そしてスーパーホーネットでは、このてこの力は、パリとロンドンがNATOの共有核抑止力の範囲内で自国の核兵器を共有することを拒否することによってのみ存在する。

実際、アメリカの B61 の場合のように、ヨーロッパ XNUMX か国が、二重鍵の原理に従って作動する NATO の指揮下で核爆弾やミサイルの在庫を提供することを妨げるものは何もない。

しかし、ロンドンもパリも、おそらく米国の場合のように、近隣諸国や同盟国の運命を共有することで、潜在的な核紛争に機械的に結びつけることができる、ヨーロッパにおけるそのような共同責任を負うことに同意したことはない。

反対に、英国と同様、フランスにとって、抑止力は近隣諸国との相互作用に悩まされることなく、最終的な保護を目的としたもっぱら国家のバブルと考えられており、特に広範な紛争が発生した場合でも国家の最終的な安全を確保することを可能にしている。 。

明らかに、この姿勢は、両国指導者からの説得力のない申し入れによって骨抜きになったとはいえ、戦闘機と同じくらい重要な装備を装備することになると、ヨーロッパ人、特に東ヨーロッパ人にとってかなりの障害となっている。

F-35を中心としたロッキード・マーチン社の非常に効果的な商業的・技術的戦略

ロッキード・マーチンが採用し、ワシントンが支援した商業戦略とマーケティング戦略は、ヨーロッパにおけるF-35のこの大波のもう一つの説明を構成する。

現状の性能を犠牲にしても未来の飛行機であるF-35

実際、アメリカの航空機メーカーは、15 年間、そしてオランダの競争相手に、特にユーロカナードやスーパーホーネットを現在の航空機のように見せることによって、自社の戦闘機を未来の航空機として提示することを決してやめませんでした。 、早速、過去から。

F-35のキャノピー
ロッキード・マーチン社は、少なくとも商業的言論においては、将来の性能を優先するためにF-35の現在の能力を犠牲にすることに同意した。

これを実現するために、ロッキード・マーチン社は、演説だけでなく産業戦略においても、戦闘機の当面の性能を犠牲にすることになっても、戦闘機の将来の能力を体系的に優先させてきた。

したがって、これまでにF-35を購入したすべてのヨーロッパ人は、英国、オランダ、イタリア、デンマークの空軍にすでに納入された約150機の戦闘機の場合と同様に、おそらく完全に運用可能なバージョンの航空機を受け取ることはないだろうことを知っている。または今日までノルウェー語です。

その一方で、彼らは、その時が来れば、米国の戦闘機が実際にワシントンが約束した、高強度の戦闘に従事するための性能と能力を提供するだろうという事実に対して、おそらく過剰な自信を持っている。

ヨーロッパの戦闘機の技術的認知度の低さ

さらに、LM が 20 年以上の進歩スケジュールで提示したこれらの将来の能力は、可観測性の低さであれ、共同交戦能力であれ、抑止力の観点から戦闘機の有効性の構築に貢献します。

逆に、ヨーロッパの戦闘機は、今日非常に効果的な戦闘機であり、間違いなく F-5A よりも優れているという事実にもかかわらず、長くても 7 ~ 35 年程度のはるかに厳しいスケジュールで明確な技術的展望を提供しており、30 機すべてが優れた性能を備えています。このXNUMX年間で目覚ましい進化を遂げました。

実際、今日では空軍は、 Rafale、 Typhoon F-2030 は 35 年以降も非常に効果的であることが約束されています。この議論は、特にスイスとフィンランドなど、最近のいくつかの競技会で取り上げられている。

欧州列強に対する欧州人の不信感

最後に、好むと好まざるにかかわらず、今日ヨーロッパ、特に東ヨーロッパでは、もし中央ヨーロッパで大規模な紛争が始まった場合、フランスだけでなくドイツやイタリアからも軍事支援が行われる可能性について、真の不信感が存在している。

Rafale B 空軍および宇宙軍
200 年時点でフランス空軍の戦闘機数は 2035 機をわずかに超えており、説得力のある技術基準を正当化するのに十分な兵力には程遠いでしょう。

そしてそれはおそらく理由がないわけではありません。第一に、これら 35 か国は欧州連合の人口の 50%、GDP の 20% 以上を占めていますが、30 年には欧州の陸軍の 2035%、空軍の XNUMX% にすぎません。

ポーランド、ルーマニア、チェコ共和国、バルト三国など、いずれも 3% を超える防衛努力とかなり大規模な軍隊の編成に向けて動いている国々にとって、これは間違いなく、自国に与えることができる自信を損なう理由です。紛争の場合はパリ、ベルリン、ローマへ。

これらの国々は近年、手段そのものを超えて、ロシアに対抗する大きな決意を示しておらず、むしろその逆である。米国のゴーサインが出た後、特定の主要装備をウクライナに納入するだけで米国の傘下に入ったため、もはや米国の信頼できる代替手段として現れることはできなくなった。

その逆もまた真です。近年、パリはトルコに対して柔軟性のない姿勢を示したことで、ギリシャから非常に大きな信頼を得ている。 Rafale フランスのFDIフリゲート艦は空軍と海軍を近代化する。

同様に、バルカン半島におけるフランスのバランスのとれた立場は、おそらくザグレブの装備の選択において決定的な役割を果たしたでしょう。 Rafale、そしてベオグラードも同じことをする意向です。

まとめ

ご覧のとおり、ヨーロッパのモデルを犠牲にしてアメリカの航空機、特にF-35を支持するためにヨーロッパの首相が下した決定は、さまざまな初期の偏見を取り除いた後に理解できるのと同じくらい逆説的であることが判明します。

とりわけ、欧州の指導者らがロッキード・マーチン製航空機に目を向けるきっかけとなった要因のいくつかは、少なくとも部分的には、欧州の航空機メーカー自体、および各国政府の姿勢と決定の結果であると思われる。

したがって、この業界の持続可能性と効率性を保証するために努力と議論が向けられるべきなのは、欧州の指導者や米国の偏在に対する不毛な批判ではなく、欧州の提案を弱める効果をもたらしたこれらの基準にあると考えられる。そのノウハウは今後数十年に渡って活用されます。

4 年 2023 月 14 日から 2024 年 XNUMX 月 XNUMX 日までの完全版の記事

さらなる

すべて

5コメント

  1. 昨年の11月にはこの記事を見ていなかったので、今日発見しました。
    興味深い分析だが、常軌を逸しており、実際には一貫性を欠いているフランスの核政策に疑問を投げかけている。
    そうは言っても、(他の分野と同様に)軍事命令の分野では、少なくとも取得にかかる費用が、もう一つの決定的な要素であるように私には思われます。米国の内部発注の規模により、同等のヨーロッパでの生産よりもコストの償却がよく(したがって量ではなく品質の点で)、したがって安価な航空機を輸出向けに提供することが可能になります。
    そうは言っても、この経済論理が他の軍事装備品(輸送機、空対地防衛システム(パトリオットミサイル)、空対空ミサイル)に存在するように見えるとしても、これは明らかに他のもの、つまり大砲、戦車を含む戦闘車両には当てはまりません。 、特にボートや潜水艦。
    大砲や戦闘車両については、設計がそれほど複雑ではないため、より多くの国で製造が可能であり、シリーズのサイズによる価格への影響も少ないと考えられます。
    一方、ボートや潜水艦については、私には理解できないことを認めます。なぜなら、輸出における米国の弱い立場は、このサイトで詳しく文書化されている最近の建造と配送の問題よりも前からあるように私には思えるからです。
    考えられる答えはありますか?

    皆様、よろしくお願いします

  2. 興味深い回答をありがとうございました。
    ただし、フランスも80年代初頭に同様に全原子力(推進力の点で)を選択し、アゴスタ型「ディーゼル」攻撃型潜水艦をアゴスタ型のSSNに徐々に置き換えたことに注意すべきである。 (現在は Suffren タイプの SSN に置き換えられています)。
    しかし、海軍グループは依然として通常攻撃型潜水艦であるスコルペーンとバラクーダ(後者は略して通常動力型のシュフラン)を提供(称賛)しています。
    これは、完全に原子力に移行し、通常動力潜水艦の輸出を続けることができることを示しています。したがって、アメリカ側には別の説明要素があるに違いない…

リゾー・ソシャウ

最新の記事

メタ防衛

無料
VIEW